食事


>> たった5分のストレッチで痛みが緩和できた理由


食事

生理痛に効く食べ物としておすすめしたいのが、

豆乳大豆イソフラボンアーモンドです。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似たはたらきをし、

ホルモンバランスを正常にします


アーモンドはビタミンEが豊富でホルモン分泌作用や血行促進作用があるため、

血行不良が原因の生理痛を緩和します

ただし油分の多いナッツ類やチョコレートは

生理痛をひどくすると言われているので食べすぎには注意しましょう。


生理の痛みを和らげてくれる栄養素として

マグネシウムビタミンB6があります。

マグネシウムには子宮の収縮を緩める作用があり、

先述した大豆やアーモンドにも多く含まれています。


ビタミンB6はマグネシウムと同じく子宮の収縮を緩めるとされており、

卵胞ホルモンの代謝を良くする効能もあるので生理痛の緩和には欠かせません。

マグロやサンマ、鮭などの魚類に多く含まれています。


マグネシウムは肉に多く含まれるリンと一緒に摂取すると

吸収が妨げられてしまうので、ビタミンB6を同時に摂る意味でも

肉中心ではなく魚をメインにした和食を心掛けましょう。


どうしても肉が食べたい場合は、体を温める鶏肉羊肉を選びます。


生理中に避けたいものとしては、

ナスなど体を冷やす食材や、経血の血流を阻害する生もの、

刺激の強いトウガラシなど辛いものがあります。


夏に取れる食材、南国が原産の食材は体を冷やすので

生理中は意識して避けると良いでしょう。


<< 前 | 次 >>

痛みを止めるんじゃない! 生理の痛みを元から改善!!

生理痛
 DVDだから、わかりやすい!
 アスカ鍼灸治療院 院長 福辻鋭記の
 体の中から健康的に生理痛を改善する
 各種メディアでも話題の特別プログラム


 >> 公式サイトをチェック

生理痛の緩和対策 関連記事